2904

北小路 肉丸の自分史・・つまり「肉丸史」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

第47話 母の話(幼年期)

第47話 母の話(幼年期)


母の祖父は「刀鍛冶」を生業としていました。

戊辰戦争絡みか、あるいは「刀の時代も終わり」新天地を求めてか、函館に居住することになります。

その後、母の父はサハリンの栄浜村(現在名スタロドゥプスコエ)に移住し、そこで母が生まれました。


母が2歳の時の話。

隣町である落合町(現在名ドリンスク)に呉服屋を営み裕福に暮らしている家がありました。

そこの夫婦は子供が出来ず、男の子を養子にしていましたが、女の子も欲しいと思っていました。

そこに、たまたま服を買いに母が祖母と訪れたのです。

その夫婦は、すぐに母を見初め「養子に欲しい」と頼み込みました。

まぁ、突然のことですし、了承するわけはありません。

しかし、その夫婦はあきらめず、その後も母の所にやってきては洋服やらお菓子やらを渡していたそうです。


2歳の子ですから、お菓子をくれる人は好きになります。

そのまま、何度か遊びに行っているうちに、「ウチの子供にならないか?」という誘いに「うん」と返事をしてしまいました。


もちろん、親は許しませんでしたが、迎えに行っても母は押し入れに隠れて出てこず、仕方なく、そのまましばらくの間その家に預けることになりました。

そのころ、戦争の影が母を襲います。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。