2904

北小路 肉丸の自分史・・つまり「肉丸史」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

第46話 父の話(青年編2)

父の師匠という人は「有名な宮大工」だったらしく、いろいろな人脈を持っていたみたいです。

なので、まだまだ若い父が暴れまわっても(笑)穏便に事が済んだらしいです。

まぁ、何でも「その筋」からスカウトが来るほど暴れていたらしいです(笑)

それでも、仕事はマジメに取り組んでいたらしく、若くして「独立」という話も出てきました。

そんなある日、父は師匠と、地元の興行主(その筋?・・笑)、そして興業主が連れてきた外人プロレスラーらとススキノに飲みに出ました。

ちなみに、その外人レスラーは、後にプロレスのレフリーとしても活躍する「知る人ぞ知る有名選手」です。

当時はプロレスが人気でしたから、その外人プロレスラーも注目されていますし、彼もそれを知っていて暴れ放題だったらしいです。


ある高級クラブに行き、我が物顔で酒を飲んでいるとショーが始まりました。

クラブ歌手が唄っているのですが、外人レスラーはその歌手を気に入ってしまい、歌も聞かずにテーブルに連れて来いと言いだしました。

まぁ、パフォーマンスも含めていたのでしょう(笑)
しかし、クラブ歌手の女性は接客はしませんから、席につくことはありません。

それが気に入らないとレスラーが騒ぎ、誰も止められなくなったところ、そのレスラーを制したのが父でした。

それが父と母の出会いです。

えぇ、母はクラブ歌手だったのです(笑)
まぁ、それはそれで事情があるのですが・・・。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。