FC2ブログ

2904

北小路 肉丸の自分史・・つまり「肉丸史」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

第45話 父の話(青年編1)

第45話 父の話(青年編1)

祖父が亡くなったのは、父が17才の時でした。

若くして兄弟や家族を背負って立つこととなります。

父は体は小さいが腕力があったらしく、地元では「かなり」暴れん坊だったみたいです(笑)
私が子供のころ、父の友人たちから「父の逸話」を聞かされたモノでした。

ただ、仲間や友人たちの面倒見は良かったらしく慕われていたみたいです。

そのような父でしたが、祖父が亡くなり、生活が一変します。

学校を辞め、働くことにしました。

地元の田舎では、兄弟達を食べさせていくだけの仕事は無く、札幌に出て働くことにしました。

働き先は、祖父と仕事をしていた「大工」さんの所です。

それも、神社や仏閣を建てる「宮大工」という所に修業に行ったのでした。


修行時代のことは、あまり語りませんでしたから、知ることは少ないのですが、元々器用なこともあり、若くして仕事を任せられるようになったみたいです。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。