2904

北小路 肉丸の自分史・・つまり「肉丸史」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

第43話 曽祖父の話

曽祖父は、理由や経緯は全く不明なのですが「僧侶」となったみたいです・・(笑)

修業の後、北海道の日本海に面した、ニシン漁で栄えはじめた港町に行くことになりました。

この港町には、まだ寺院が無く、漁師たちも「よりどころ」を求めていたみたいです。

港から離れた山間に寺院を建立し、隣の丘陵に墓地用地などを確保しました。
(今は公営の霊園になっている)

当時、ニシン漁は盛んで、その港町は活気にあふれていました。

一攫千金を狙う男たちは、海が荒れても漁に出たそうです。

ある日のこと・・・。

船が漁に出た後、海が荒れ、船が遭難し、多くの方が亡くなったことがあったみたいです。

曽祖父は、その事故を憂いました・・・。

自ら「誓い」を立て、厳しい修行を行ったそうです。

その「誓い」とは、自分の命の期限を60才までとし、その命を削った分を捧げ、人の役に立ちたいというモノでした。
(日蓮上人と同じ年齢を期限とした)

その「誓い」は、見事に成就し、曽祖父は「特殊な力」を身につけたと言われています。

どんなに天気の良い日であっても、曽祖父が「漁に出るな」と言ったら、漁師は漁に出るのを止めました。

その後、本当に嵐が来るからです。

止めるだけではなく、「今日はどこの漁場が良い」などという情報も出していたみたいです。

もちろん、それも「当たっていた」らしく・・・(笑)

町の人の多くが曽祖父のことを尊敬していたらしいです。

さて、その後、「命の期限」である60才がやってきました。

すぐには仏様のお迎えは無かったのですが、61才を迎えようとする直前に亡くなりました・・。

記念碑
写真は、曽祖父が開祖となった寺院にある曽祖父の記念碑。
(お墓じゃありません・・笑)
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

久しぶりに気分転換で見に来ました・・。(笑)

本家・裏共々「楽しみ」にしています。

確か、楽しみにしてると伝えましたよね?
(カネカの近くで・・・w)

m | URL | 2012-10-03(Wed)15:57 [編集]


■mさん
カネカから歩いて1分の長浜ラーメンも良かったなぁ(笑)

nikumaru | URL | 2013-01-14(Mon)14:59 [編集]


承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2013-01-16(Wed)03:45 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。