FC2ブログ

2904

北小路 肉丸の自分史・・つまり「肉丸史」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

第2章のあとがき(1)

第2章からは写真が無くなりましたね。

まぁ、同級生と写っているモノが多いので、相手のプライバシーも考慮しています。


■ダブルラーメン

今でも、北海道地区限定で発売されていますが、滅多に食べることはありません。

たま~に、懐かしさから食べたくなる時があります。

でも、当時の美味しさには敵わないんだよなぁ・・・(笑)


■子供のフィールド

ボクが遊んでいた場所は、今やマンションが立ち並ぶ場所となりましたが、当時は砂利道ばかりでした。

ボクのテリトリーを示す、市電も無くなりましたし、観光バスの駐車場も無くなりました。

唯一、三角の公園とヤサカという結婚式場は今も残っています。

ボクが道に迷った円山墓地も、大きな道路が横切るようになり、迷う要素は無くなりましたね。


■自衛隊事件

まぁ・・事実です。

自衛隊の皆様にはご迷惑をお掛けいたしました。

それにしても、当時のボクは悪知恵は働きました。


■白バイ事件

「ごめんください、迷子なんですけど・・・」と言って交番に入ったわけですが、大人になって「クレヨンしんちゃん」というアニメで「同じようなシーン」を見たときは笑ってしまいました・・。


交番から帰るときに「キミは素直に育ってくれればよいが、悪い方に進むと大変なことになるよ」とお巡りさんに言われたのですが、その時のボクは褒められたと思いました。

まぁ、この後1年くらいの間に、似たようなセリフを何度も聞くことになります(爆)

また、この時の調書は残っていて、将来、何か事件をおこしたら調書が使われる可能性があると言われたそうです。

そして、その日はすぐに来ました(笑)


■食事事情

父の持ってくる「折詰」はとても楽しみでした。

今のようにレンジはありませんから、冷たくなってしまったものばかりですが、鳥のもも肉を1本まるごと食べれるのは、当時のボクにとっては、とても幸せなことでした。

親族一同でお正月を迎えていたことも楽しい思い出です。

母たちは支度が大変だったと思いますけどね。


■母親学園

当時は、札幌の町も拡大している時で、子供の数に対して幼稚園などが少ない時でした。

そこで「なかよしこども館」や「母親学園」という市の施設があったのだと思います。

今はどちらも存在していませんが、札幌雪祭りで「母親学園のOB」が作ったという雪像を見たことがあるので、どこかで交流があるのかもしれません。


■円山の家と引っ越し先の家

引っ越し先の家は、いろいろ事件があったので、本文では場所の特定を避けました。

一応、「西野」という所です・・(笑)

住んでいた円山の家はアパートになっていますが、隣の家(サクラダさんが住んでいた場所)に大家さんが住んでいました。

ちなみに大家さんの家の前を工事したのは10年以上前の話です。

引っ越し先の家(西野)は現存していると書いていますが、全部ではなく、「一部」が現存しているという感じかな。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。