FC2ブログ

2904

北小路 肉丸の自分史・・つまり「肉丸史」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

第29話  火事

引っ越した家は、隣にも同じ形の家があり4世帯が入居していました。

家の正面側は、幹線道路が走っていて商店などもありましたが、家の裏は田んぼと畑が広がっていました。

畑の中に納屋があり、その向こうに小川、その側に1件農家がありましたが、あとは山まで家はありません。

ボクは主に「家の裏」で遊ぶことになります。

隣の3世帯のうち2世帯に年の近い子が住んでいました。

2軒隣に住む小学4年生が最年長で、近所の子供たちのリーダーでもありました。

また、大家さんの甥にボクと同学年の男の子がいて、この4人で遊ぶことが多かったです。


そんなある日のこと。

「子犬がいるから見に行こう」という話をリーダーが言いだしました。

裏の納屋に野良犬が住みつき、子犬を生んだらしいのです。

さっそく4人組は、納屋に侵入しました。

納屋にはワラが積まれていました。

トラクターなどの農機具が置かれ、その奥の真っ暗な所から子犬の声が聞こえました。

近寄ると、親犬がボク達を威嚇しました。

噛みつかれては困るので、ボク達は遠くから見守りましたが、真っ暗で子犬は見えません。

「あっ、いいことを思いついた! ちょっと待ってて!」

リーダーが言いました。

しばらくすると、リーダーは家からロウソクとマッチを持ってきました。

ロウソクに火をつけ奥を灯すと、子犬の姿が見えました。


「オレも見たい!」

大家さんの甥っ子が、ロウソクを取り上げました。

「アチッ!」

と声が聞こえました。

ロウソクが垂れ、甥っ子の手に触れたみたいです。

問題は、その後でした。

手に持ったロウソクを落としてしまい、ワラに火がつきました。

メラメラと火が大きくなっていきました。

火は大きな炎となていきます。

ボクたちはその炎の真ん中に立ちすくむだけでした・・・。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。