FC2ブログ

2904

北小路 肉丸の自分史・・つまり「肉丸史」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

第22話 子供のフィールド

両親は私を自由に育てていましたから、小学校入学前の子供にしては「遊び場」のテリトリーは広かったと思います。

北海道神宮の裏参道(南1条通)を中心とした「横に広く縦に短い」フィールドでしたね。

縦は北1条通から南3条、横は西20丁目通から円山のふもとまで、という感じでした。

西20丁目側の三角公園で遊んだと思ったら、円山公園の入り口近辺をぶらついていたりしました。

当時、円山公園の入り口は市電の停留所があったり、観光バスの駐車場があり、それを見るのが好きでした。
(「ふせ観光」のバス運転手になりたいと思っていた・・)

ただ、自分のテリトリーから1歩出ると迷うこともあります。

母が洋装を習っていて、その先生が円山墓地近くに住んでいたので、そこに遊びに行こうとして円山墓地の中で道に迷ってしまったこともありました。

かなり暗い時間まで迷っていて、とても怖かったことは覚えています。

円山墓地はボクのテリトリーから50mほどしか離れていないのですが、子供なら「そんなもの」かも知れません。

テリトリーの外と言えば、円山動物園も近くまでした。

ここは、裏参道から一直線で行けますから迷うことは無いのですが、一人で行ったことはありません。

だいたい大人と一緒でしたね。

ただ1度だけ、隣に住むペコちゃんと一緒に子供だけで動物園に行ったことがあります。

自分一人での行動であれば、さほど疲れないのですが、咲いている花を見つけては立ち止まるような女の子と歩調を合わせるのは疲れます・・・。

その日はとても疲れました。

まぁそれでも、一通り動物園を廻り、帰ろうとすると・・・。

動物園の入り口に格好良いクルマが集合していました。

自衛隊のジープです。

多分、休憩のために動物園に寄っていたのでしょう。

「このジープに乗ってみたい・・・」

ボクはそんな衝動に駆られました・・・。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。