FC2ブログ

2904

北小路 肉丸の自分史・・つまり「肉丸史」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

第1章のあとがき(3)

第1章のあとがき(2)

第1章の後半は、スネ夫との話がメインです。

ペコちゃんとの出会いから、ボクは変わっていくのですが、それは第1章で書かずに次の章でのお話にして、スネ夫とボクの比較をすることで、当時の生活を表しました。

また、文中「幼稚園」に行っていないことになっていますが、母親学園という札幌市で行っていた保育園?には通っていました。
(ただ、ココは全く記憶が無い・・・笑)


■第12話・ジェロニモ

キヨシというのは仮名です。

本当は違う名前なのですが、珍しい名前でその1文字だけ使わせてもらいました。

このアパートは、今の市立図書館のそばで、ココには3ケ月ほどしか住んでいなかったと思います。

本当は、キヨシの母親のことや、ベトナム戦争のことなども書きたかったのですが、子供のころのボクには、知る話では無いので書きませんでした。

親から後で聞いた話では、ココにも悲しい話があったみたいです。


■第13話・木佐キザオ

途中でキザオからスネ夫に代わってしまいました(笑)

今ではスネ夫の方が有名なのでスネ夫としましたが、ボクらは、この子のことを陰でキザオと呼んでいました。

当時の子供たちのコミュニティの中に、このようなイヤミな子は必ずいたと思います。

彼のお父さんは組長ではなく社長です。

が、本当に「裏の顔」があったのも事実です(笑)

ちなみに、今でも社長さんをしていた「会社」はありますが、時代とともにシステムも変わっていったと思います(意味深)


■第14話・スネ夫一家

息子はキライでしたが(笑)、この家族は好きでした。

アメリカのテレビドラマに出てくるような家族で、「文化的」というセリフがお似合いの家でした。

「職人気質」というウチとは真逆なのも新鮮に感じたのかもしれません。


■第15話・パーマン


駄菓子屋を何かの店に改装していたのは確かですが、「喫茶店に改装」はウソ。

しかし、当時、近所に喫茶店が何件も出来ていたので、あえて時代を感じさせようと喫茶店にしました。

おしゃべり九官鳥はグリコアーモンドチョコレートの懸賞で、何種類かあったと思います。

全種類を店でディスプレイしていたらしく、それをもらってきたらしいです。


ちなみに森永が「おもちゃの缶詰」を出した時、1ケース買えば必ずもらえるという話をお菓子屋の同級生に聞き、父はチョコボールを1ケース買ってきました。
(当然、金のエンゼルがあった・・・笑)

父は同級生にとって、良いお客さんでした。


■第16話・自分の部屋

スネ夫の持っていたのはリーダースダイジェスト社製の地球儀で、そのブランド名は今でも覚えています。

というか、小学校入学時に地球儀を買ってもらうのですが、リーダースダイジェストの地球儀じゃなきゃヤダと言いだし、最終的に買ってもらいました(爆)

当時でも高いモノだったと思います。



■第17話・ポッポ

夜、目を覚ますと何やら「お経」が聞こえてきました。

それは翌日も、その翌日も・・・・。

ボクは恐る恐る、起きだして、家を出て、お経のする場所を探しました・・・。

で、見つけたのが近所のお寺(笑)

寺の境内で遊ぶ子供は少なくて、結構自由に遊んでいました。


この後、秋田(青森だったかな)の鳩レース愛好家の人が、ポッポをレースに使ったのですが、帰ってこなかったみたいで、札幌に戻っていないかと連絡があったらしいです。

残念ながら、戻ってきませんでしたが、大通公園などで白いハトを見ると、ポッポでは無いかと思い、声をかけたりしていました。


■第18話・ペコちゃん

サクラダさんというのも仮名です。



次回からの第2章の前半は、この「ペコちゃん」との話がメインになると思います。
また、後半は「ボクの才能」が開花されていくわけですが・・・。

第2章はゴールデンウィーク明けから開始。






スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。